卵母細胞の採取

体外受精の旅は、卵母細胞 の採取から始まります。

OPUの針、メディウムとオイルは、卵胞の吸引を成功させ、卵母細胞 の採取数を最大化します。

卵胞吸引

超音波ガイド下の卵胞穿刺によって行われる、卵巣からの卵母細胞 の抽出に基づく処置。この技術は、超音波ガイド下の針を用いて膣内で卵胞から液体を吸引するものです。

効率的な卵母細胞のピックアップのための吸引圧の重要性の詳細をご覧ください。

北里が推奨する吸引圧

卵胞吸引

超音波ガイド下の卵胞穿刺によって行われる、卵巣からの卵母細胞 の抽出に基づく処置。この技術は、超音波ガイド下の針を用いて膣内で卵胞から液体を吸引するものです。

効率的な卵母細胞のピックアップのための吸引圧の重要性の詳細をご覧ください。

北里が推奨する吸引圧

北里のシングルルーメンおよびダブルルーメンの卵母細胞 採取針は、最高の条件と最短の操作時間で卵母細胞 を採取することができます。

製品を見る ›

組織の損傷が少なく、患者の回復が早い

北里の卵母細胞 採取用針は、高品質の鋼材と独自のトリプルカット刃により、外傷や組織の損傷を最小限に抑え、卵巣穿刺後の患者の早期回復を可能にします。

Thin Wall デザイン

外径を小さくすることで、出血の可能性や子宮内膜の損傷のリスクを低減し、吸引時の卵母細胞 へのストレスを最小限に抑えることができます。

市場で最も豊富な口径のラインナップ

北里では、患者さんの苦痛を最小限に抑えることを目的に、16Gから21GまでのThin Wall針を取り揃えています。 最小の直径は、反応性の低い患者さんや自然な周期の患者さんに最適で、卵巣穿刺の際に麻酔をかけずに作業することも可能です。

レーザーで作ったエコーチップ

北里の卵母細胞 採取針は、先端部の視認性が高く、卵胞吸引時に卵胞への正しいアプローチが可能なエコーチップマーキングを採用しています

位置決めマーク付きハンドル

また、ハンドルには位置決め用のマーキングが施されており、穿刺の際に針の位置をコントロールしやすくなっています。

 

 

 

 

 

実験室のルーチン

  • 卵胞液中の卵母細胞 を回収し、Kitazatoの吸引用培地に37℃で採取し、研究室に届けられるまで生理的環境を維持します。
  • ラボでは、卵母細胞 を卵胞液から分離し、血液や細胞の残骸を取り除くために、Hypure™オイルで覆ったGamete Bufferを入れたペトリ皿に移します。
  • 次に、卵母細胞は、従来のIVFまたはICSI技術によって受精するため、または将来使用するためにガラス化するために準備されます。

吸引の際には、患者の不快感を軽減し、卵母細胞 の取り扱いには細心の注意を払い、ストレスや細胞構造へのダメージを最小限に抑える必要があります。

卵胞吸引を成功させるには、ARTの目標を達成するために、採卵した卵母細胞 の数を最大限に増やす必要があります(1)

(1)Georgiou E.X. Et at. 生殖補助医療技術における卵母細胞 採取時の卵胞フラッシング。Cochrane Database Syst Rev.2018 Apr 26;4(4)CD004634.

Laboratory routine

体外受精ライフサイクル

北里は、体外受精(IVF)のライフサイクルの各ステージにおいて、最大限の成果を引き出すための高品質な製品を幅広く取り揃えています。各体外受精の手順に関連する製品については、こちらをご覧ください。

全てを見る
卵母細胞の採取
詳細
アンドロロジー
詳細
カルチャー
詳細
バイオプシー
詳細
ガラス化
詳細
胚移植
詳細
卵母細胞の採取
詳細
アンドロロジー
詳細
カルチャー
詳細
バイオプシー
詳細
ガラス化
詳細
胚移植
詳細